身体の関係のみを求める!それがセックスフレンド!

あくまで身体のつながりを求めるセックスフレンド。
しかし、その関係に他者が介入した時、もしも自分が衝撃を受けてしまうようであれば、もともとその相手とセフレとしての関係を築くことは難しかったということが言えるのです。
もともと、セフレと関係を持つ場合の暗黙の了解事項として、相手のプライベートには口を挟まないというものがあります。
これは、どのようなセフレのシチュエーションにも共通して当てはまることであって、もしお互いに秘密や隠しごとがあるような関係にどうしても納得がいかないということであれば、始めから恋人としての関係を求められる相手を出会い系サイトで探した方がいいわけです。
身体の関係のみを必要とする関係をプラスに取るかマイナスに取るかは、それは個人の考え方しだいなわけです。
セフレが自分の恋愛的順位のどのあたりに位置するかということも、個人により様々です。
セフレとしての関係はドライですし、もしも自分に他に本命となるような恋人がいる場合、どちらを優先すべきかについて頭を抱える必要はないわけです。